朝の不快なエピソードから学んだこと


こんにちは!Mog!真紀子です!

昨日通勤途中に、不快な気持ちになるようなことがありました。

最寄駅に近づいた時に、同じく駅に入ろうとした男性が、くわえたばこを投げ捨て、火を消さずにそそくさと階段を降りて行ったのです。

側溝の中に落としたつもりだったのでしょうが、落ちていませんでした。

改札に入る前に、彼は自動販売機でコーヒーを買って、急ぎ足でホームへ降りていきました。

とてもお急ぎの様子ですが、コーヒーを買う余裕はあるのに、タバコの始末はできないのですね。

保育園も幼稚園も小学校も近くにあって小さい子供が通園・通学をする歩道ですし、休日には我が子たちも散歩をする場所なので、落ちている不思議なものをなんでも拾おうとする子供たちが、火のついたタバコを触って火傷をすることを想像して不安と恐怖で朝から疲れてしまいました。

子供を持つ前の私は、やはりくわえたばこに対しては不快な気持ちになってよく嫌悪感を吐露したものですが、吐露しただけで何も行動はしませんでした。

今は怒りというよりは不安や恐怖が強くて、子供たちがケガをしないように守ってあげるにはどうしたらよいかと、自分にできる行動を考えるようになりました。

何事も、その立場になってみないと見えないもの、感じ取れないことはあると思います。

きっと彼も、投げ捨てたタバコで、火傷をする子供を想像できなかったでしょうし、子供の火傷を想像して恐怖心を抱く人がいるなんて想像できなかったでしょう。

昨日の朝の不快感から私が学んだことは、「私は想像できる大人になりたい」「子供たちには想像できる大人になってもらいたい」ということ。

そのために、私自身が相手目線で考え、想像し、行動できるようになろうと思いました。

きっと私自身も、いつも時間に追われていて余裕がなく、視野が狭くなっていて、気遣いや配慮が足りなくなっていることはあって、それによって、誰かを不快にさせてしまうことがあると思います。

忙しい!という時こそ、深呼吸とストレッチをして、一点に集中した目線をリセットして視野を広げていきたいと思います。

…余談ですが、、、子供を持つ前は本当にくわえたばこに対して怒りが収まらなかったんですが、子供を持ってから、怒りの感情を少しコントロールできるようになった気がします。

怒らない育児、を心がけているから?かもしれません。

※できるようにはなっていません(苦笑)

子どもが変わる 怒らない子育て (フォレスト2545新書)

怒りの感情を抱いてカッとはなりますが、それをひきずることなく客観視できるようになってきたような気がします^^

今日も素敵な一日をお過ごし下さい♪

044

☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆

現在進行形で両立に奮闘する働くママのリアルなヒントを集めた「両立のヒント集」はコチラ↓↓

両立のヒント集Vol,1

図2

両立のヒント集Vol.2

図1

☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆

《Facebookページ》

https://www.facebook.com/mamaganbatte

「いいね!」で応援お願いします!
《ブログ》
http://mamaganbatte.com
仕事と育児の両立のこと、忙しいからこそ子供とのふれあいを大事にできるタッチケアのこと、絵本の読み聞かせのことなどを配信します♪
《Facebookグループ》
https://www.facebook.com/groups/mama.oshigoto.ganba/
サポーター募集中!Mog!を応援してくださる方、仕事と育児の両立をがんばるママ、そしてがんばるママを応援してくださる方のコミュニティです。ご参加をお待ちしております。

《Youtubeチャンネル》

https://www.youtube.com/channel/UCRPr98o1y9m-FHWIZuPQf5g

《山田真紀子》
http://facebook.com/makikoy2