makkyo一覧

【コラム掲載】「H-Style」キャリアコンサルタントがアドバイス!両立のヒントまとめ

暮らしとお金のライフマガジン「H-Style」に、キャリアコンサルタントという目線で、仕事と家庭の両立とキャリアについてコラムを掲載していただきました。

記事を読む

自分らしいキャリアとは?好きならやめなくてよかった「芸術家」今からでも??

アセスメントの結果から、私は「芸術家」の先天的な気質があり、やめるとかやめないとかではなく、そうなんだ、と知り、色々なことが府に落ちたのです。 表現活動に没頭したのは、惨めな自分を変えるためではなく、ただただ好きだったからでした。表現活動をしていた過去は恥じることではないし、やめる必要もないとわかりました。

記事を読む

【参加レポ】ワーキングマザー自分塾でワーママという強みを知る

株式会社コーポレートウェルネス、株式会社プライムコムの「ワーキングマザー自分塾」に参加してきました。ワーキングマザーを取り巻く環境、育児を仕事に活かす、という視点について講義形式で学んだ後に、自己理解のためのアセスメント結果について気づきを得、最後にこれからのキャリアビジョンについてグループでのディスカッションとワークシートへのアウトプットによって明確にする、という内容でした。

記事を読む

【インタビュー掲載】暮らしとお金のライフマガジン「H-Style」

暮らしとお金のライフマガジン「H-Style」に、インタビュー記事を掲載していただきました。また、今後4回に渡り仕事と育児の両立をテーマにコラムを書かせていただくことになりました。 ご縁に感謝。掲載されましたらお知らせいたします。

記事を読む

へんしんバイクで自転車に乗れるようになりました

へんしんバイクは、ペダルのついていないバランスバイクの状態から、ペダルをつけることができる(へんしんする)バイクです。自転車と言えば補助輪つきで乗り回し、補助輪を外して練習し、というのが私の通ってきた道ですが、へんしんバイクだと補助輪という過程はありません。

記事を読む

娘(小2)が教えてくれた「お母さん屋さん」の話と親子の絆

「子どもは自分で親を選んで生まれてくる」ということが、もしあるとしたら、自分ならこう考える、という娘の創作のお話をしてくれました。 「子どもは自分で親を選んで生まれてくる」というようなことは、胎内記憶に関する書籍や経験談などで描かれることがありますが、我が子たちは胎内記憶はない、と言っているので仮想の話です。

記事を読む

運動会で結果が出せず落ち込む子供と子供時代の「未完了」を持つ自分に寄り添う

運動会が終わって帰宅した後に、娘が「かけっこ4番になってしまった。1番か2番か3番じゃないといけないのに」と、いい結果が残せなかったことを悔やんで泣いていました。 かけっこで万年ビリだった私は、傷心の娘にかける励ましの言葉が見つけられず、戸惑いました。

記事を読む

【講演会レポ】横浜市長林文子氏「71歳で初めて」のお話

札幌市男女共同参画センター主催の講演会、“女性が活躍しやすい街”の実現に向けて、いまここからできること~合言葉はHi-fiveに参加しましたので、心に残ったことをレポートします。林市長が学校を卒業して初めてお勤めになった会社でのお話から、市長になるまでのキャリアストーリー、その中で感じたこと、大切にしてきたことをお聴きしました。

記事を読む

【小1の壁?】働くママ、小学1年生の宿題チェックでやったあれこれ

小学校には保育園にはなかった「宿題」があります。働くママは宿題のチェックをする、という新しタスクが増えます。 小学1年生だと国語と算数のプリント学習、音読の宿題の場合が多いようです。家や学童でやったものを帰宅後に保護者がチェックして誤っているところがあれば直させ、サインを記入します。

記事を読む

最近の活動についてご報告―女性のキャリア支援をしていきたい―

どんなスタイルで働きたいのか、仕事を決める上での優先順位は何か、この仕事をすることで得たいものはなにか、これまでのご経験をどのように次の仕事で活かしたいか、大切にしている価値観は何か、強みや弱み、成功体験や失敗体験などをお聴きします。

記事を読む