■仕事と家庭の両立のヒント一覧

ミス・アース・ジャパン出場者が輝いていた理由は…

先日、ミス・アース・ジャパン北海道大会を観に行きました。 ファイナリストのみなさまはどなたも美しく、内面も外面も輝いていて、自信に満ちていました。ステージでパフォーマンスを披露された皆さんが受賞の有無に関わらず輝いて見えたのは、自分を変えるために勇気を出してチャレンジし、努力し、その先にある「自信」を獲りに行ったからなのだと気づきました。

記事を読む

ポジティブに変換!「疲れた」はどう言い換える?

「ポジティブな思考は、チャンスや成功を引き寄せる」とわかっていながらも、ついつい口からでてしまうのは「ためいき」や「疲れた」「どうせ自分なんて」「だからできない」などのネガティブワード。リフレーミングをすることで、それをどうポジティブワードに言い換えてラッキーを引き寄せるか考えてみましょう。

記事を読む

母、ここが正念場!?朝ドラ「べっぴんさん」から学ぶこと

今までも子供たちのコップを満たせないことは何度か書いてきましたが、未だに打開策見つからず。 スキンシップを増やすことや、二人だけの時間を作る努力はしています。 けれど、子供たちからの「ぜんぜん足りなーい」ブーイングは止まらず。

記事を読む

【就学準備】新一年生になる娘の放課後の過ごし方2

新一年生の就学を控えたママに事前に準備をしておくことをおすすめしたいのが小1の壁の1つである「放課後」。学童保育(札幌では児童会館、ミニ児と呼ばれています)の選択。民間か公立か、公立でも児童クラブに入るか入らないか、の選択があります。情報を集めることで不安も解消できますのでお住まいの学区の情報を集めましょう。

記事を読む

“「今」を大切に…”気持ちを新たに年を重ねていきたい

命がつながることは、当たり前じゃないし、その命が同じ時間を過ごせるのも当たり前じゃないんだということを心にとめて、感謝の気持ちで今日一日を過ごしたいと思います。 今日は、「今」の大切さに改めて気づき、子供たちにありがとうの気持ちを伝えたくなる動画のご紹介です。

記事を読む

【就学準備】新一年生になる娘の放課後の過ごし方1

DUALキッズの38.7%が、週の何日かは放課後、「子どもだけで自宅でお留守番」しているということです。留守番する時間が2時間以上という家庭が、小1でも35.3%存在してる事実。さて、この事実を(ようやく)自分事に置き換えたとき、気づいたのは、私も娘も、「一人で過ごさせる/過ごす」に慣れていないということ。

記事を読む

両立生活を楽しむためのヒントをお届けするニュースレター”Mog!News”

Mog!Newsは、働くママの両立生活を楽しむためのヒントやイベント情報を提供する季刊誌です。子育て支援拠点他、ママが集まるイベント等で配布しています。 編集に当たっては、リアルタイムで仕事と子育ての両立に取り組むママたちが、住む場所や業種・職種を超えて賛同してくださり、編集委員となって記事を作成してくれています。

記事を読む

感染性胃腸炎が流行!と言う時こそ仕事管理が大事だと反省しました

感染性胃腸炎が、全国的に流行しているそうです。 先々週から今週にかけて、我が家も子供たちが胃腸炎になりました。 3~5割がノロウイルスが原因とのことですが、ノロウィルス「G2.2」型の免疫について、気になる記事がありましたのでシェアします。 2012年以降に生まれたお子さんを持つ方は、特に要注意でご覧ください。

記事を読む

ここ1ヶ月くらいの息子(3歳)が夜中に起きて母を探すのです

我が子は長女も長男も夜泣きをせず朝までぐっすりなタイプだったのですが、ここ1ヶ月くらい息子(3歳)が夜中・朝方に目を覚まし、母の所在を確認します。急にこのような症状が出てきたのはどうしてなんだろうか、と調べてみることにしました。

記事を読む

子供たちのコップが大きくて大きくてとても満たせる気がしない

ここのところ子供たちから「お母さんが足りない」というオーダーをいただいておりましたため、週末は、「子供たちのコップを満たす!」と決めて取り組んでみました。子供たちが「お母さん不足」を訴えてくれることは「当たり前」ではなく、「有り難い」こと。 母として、成長の機会をいただけていること、毎日必要とされる幸せを感じさせてくれることに感謝して、誠心誠意、応えていきたいと思っています。

記事を読む