「自分に能力があったから」なんて言えない


こんにちは!Mog!真紀子です!

二日間、子供たちと離れて過ごす東京での週末、あっという間でした。

が、子育てに関しても、仕事に関しても、色々な気づきがありました。

それは、整理しながら、今週少しずつUPしていきますね。

今日は一つ、仕事に関して、機内で読んだFaceboookのCOOシェリル・サンドバーグの「LEAN IN」から。

DSC_0394_1

以下、本文より引用。
===========================================
男性に成功した理由を質問すると、自分の資質や能力のおかげだと答えることが多い。女性は、自分の外に原因を求めることが多く、「努力したから」、「幸運だったから」、「大勢の人に助けられたから」などと答える。失敗の理由を説明する時も、こうした違いが顕著に現れる。たとえば男性が試験に失敗すると、「勉強しなかった」、「この教科には興味がもてなかった」などと言う。一方女性は、自分の能力が足りなかったと考える傾向が強い。また批判されたり過ちを指摘されたりすると、女性のほうが男性より大幅に自信を喪失し、自己評価を一段と下げる傾向がある。失敗を自分のせいと考えて自信を失えば、先々悪影響をおよぼすことは避けられない。こうしてこの悪循環が長期的に続くことになる。
===========================================


<男性>
成功→自分の能力のおかげだ
失敗→やる気が起きなかった(能力があったかどうかは関係ない)


<女性>
成功→ラッキーのおかげた(能力があったかどうかは関係ない)
失敗→自分の能力が足りなかった


誰に教わったわけではないけど、「自分に能力があったから」などと言ったら、「女のくせに生意気だ」「恩知らずだ」などと批判されるだろうと思い、今まで一言もそんな事言ったことはなかった。
思う事すら罪のような気がして、一瞬でもそんな気持ちになったら全力で打ち消した。


恐るべし、ステレオタイプ。


でも、小さい頃、習字で金賞を取れたのは、もちろん先生が導いてくれたからだし、両親が習字の教室に入れてくれたからだけど、

「私が、努力して、美しい字を書けるようになったからだ」

よね。


そこも、事実なら受け止めないと。


ただ、言い方は気をつける必要がある。
ステレオタイプは、とても根深い。
ことをうまく運ぶには、それなりの持っていき方、があるようです。


それはまた、次回^^

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲

************************************************************

《Facebookページ》
https://www.facebook.com/mamaganbatte

「いいね!」で応援お願いします!
《ブログ》
http://mamaganbatte.com
仕事と育児の両立のこと、忙しいからこそ子供とのふれあいを大事にできるタッチケアのこと、絵本の読み聞かせのことなどを配信します♪
《Facebookグループ》
https://www.facebook.com/groups/mama.oshigoto.ganba/
サポーター募集中!Mog!を応援してくださる方、仕事と育児の両立をがんばるママ、そしてがんばるママを応援してくださる方のコミュニティです。ご参加をお待ちしております。

《山田真紀子》
http://facebook.com/makikoy2