全力で歌を楽しむこと、仲間との絆を大切にすることを子供に伝えたい


こんにちは!Mog!真紀子です!


先週末のレポートも本日で最後です。
なんのこと?という感じの方もいらっしゃるかもしれませんので、
ざっとご説明。


先週末、私は今年で参加して4年目になるコーラス団体「遊保堂CHORUS」の発表会に参加するために、子供たちを夫と義両親に託して、単身で東京へ行ってきました。

DSC_0425_1


機内で読んだFacebook COOシェリル・サンドバーグ氏の「LEAN IN」から、女性のステレオタイプに関するレポート

「自分に能力があったから」なんて言えない

好意的に受け入れてもらいやすくするには

「交渉」のために「気遣い」を武器にする

単身で移動をしたからこそ気づけた子連れのマナーについてのレポート

単身、東京旅行で子連れマナーを考えた
を書きました。

本日は、発表会編。

昨年までの発表会は、すべて客席で夫と子供が見ていてくれたのですが、
今回は単身で臨んだため、子供も夫も、本番を見ていません。


本番、楽しんで歌いました。
音楽の世界にも集中できていたし、間違えたりもしませんでした。
小さなお姫様の大活躍もあって、会場も大盛況でした。

image_1

でも、終わった瞬間、「あれ?なんかしっくりこない気持ちよくない」と気づき、だんだん空しく、寂しくなりました。
これが、自分でもびっくりするほど、じわじわじわじわ大きくなっていって、そのことばかりが頭の中を巡りました。


なんのために、歌うのか。


学生時代は、好き、得意、という純粋な気持ちでした。
表現活動で生きようと思っていた20代前半の私にとっては、生きるための武器を磨く行為でした。
20代後半で生きる道を変えたときからは、好きだから趣味で続けたいもの、歌う行為そのものが気持ちよく、ストレスを発散するためのものでした

歌うという行為は、自分が気持ちよく感じるためのものでした。

30代に入り、子供と一緒に練習に参加したり、子供と夫に観客席で応援してもらうようになってから、それは変わっていたようです。


たとえ趣味でも、大好きな歌を全力で楽しむこと、仲間との絆を大切にすることを、
子供に、身をもって伝えるために、私は歌っていました。


だから、子供がそこにいないのに歌っている自分が、しっくりこなかったのです。

帰宅して、娘が「お母さんのお歌の発表会、いきたかったなー」と言ってくれました。
「秋の発表会には、絶対絶対一緒に行こうね!」と約束しました。


私の大切なお客様のために、
秋の発表会、そして本番までの過程を、今度こそ子供たちと一緒に楽しみたいと思います。

秋は、千代田区コーラスフェスティバルに参加します。

日時:10月26日(日)

場所:日経ホール

入場料:無料

詳しい時間がわかりましたらお知らせします^^

************************************************************

《Facebookページ》
https://www.facebook.com/mamaganbatte

「いいね!」で応援お願いします!
《ブログ》
http://mamaganbatte.com
仕事と育児の両立のこと、忙しいからこそ子供とのふれあいを大事にできるタッチケアのこと、絵本の読み聞かせのことなどを配信します♪
《Facebookグループ》
https://www.facebook.com/groups/mama.oshigoto.ganba/
サポーター募集中!Mog!を応援してくださる方、仕事と育児の両立をがんばるママ、そしてがんばるママを応援してくださる方のコミュニティです。ご参加をお待ちしております。

《山田真紀子》
http://facebook.com/makikoy2