大失敗!な時こそ成功も探してまた進む


こんにちは!Mog!真紀子です!

昨日はお迎えをすっぽかすという失敗をしてどん底から浮上中です。

夫にお願いした日を木曜日だと勘違いして(実は金曜日だった)しまったという失敗でした。

Facebookに懺悔したら先輩ママが励ましてくださってとても嬉しかったです。

ありがとうございました。

こんな失敗をしてしまうなんて私だけ?と思ってましたが、そうではないんだと思ったら少し楽になれたので、今日は過去記事の中から私の失敗記事を引っ張ってきてみます。

お弁当忘れた事件

子供たちは年少から主食だけを持参しなくてはいけないので、毎日持たせているのですが初めてそれを忘れてしまった日のことを綴った記事です。

お弁当忘れちゃった大事件!

なんだか今読むと当時の自分がとてもピュアで愛おしく、そして「よく頑張っているね」と言ってぎゅっとしてあげたくなるのです。

今もお弁当をうっかり忘れてしまうことはごくたまーにあります。

直近だと、娘だけちゃんとしたお弁当が必要な日に、そちらに気合いを入れすぎて息子の主食弁当を忘れた事件というのがあります。

しかし子供たちはこんなうっかりな母を許しくれます。

彼らは1日も、1回も、この主食を残してくることはありません。

「お弁当作ってくれてありがとう、洗ってください」と言って、ピカピカのお弁当箱を毎日返してくれます。

その気持ちに応えるべく、「100円払えばいい」という気持ちは封じて、心を込めてご飯を炊きます。

自分を許し癒すこと

なによりもこれが一番難しい気がしますが、失敗やヒヤリハットがあったら、自分を責めるだけではなく、自分を癒すことも同じだけエネルギーを使って実行したい。

だって、もっと時間や心に余裕があったなら、起きなかった失敗ばかりだから。

延長保育料の数日滞納も、子供の服がサイズアウトしていたのに気づかなかったことも、子供についついきつく当たってしまうことも、余裕のなさゆえのもの。

だけど子供が小さいうちは手がかかるのだから、どうしたって余裕なんかないに決まっている。それはしょうがない。

だから、責めるのは最小限に。癒しは最大限に。

過去にも書いていますが、自分を「ぎゅっ」っとしてあげましょう。

失敗やヒヤリハットがあったら、自分を「ぎゅっ」としてあげよう

失敗した時こそ「できたこと」探し

昨日は大失敗をしたけれど、成功もしたんです。

娘の遠足のお弁当は、今まで作った中で一番上手にできたし、息子の主食も忘れなかった(笑)

洗濯のタイマーも忘れなかった。

夜はみんなでご飯を食べることができた。

大失敗のショックで見えなくなっている成功も、ちゃんと探して「できてたよ」と認めてあげて、自分にご褒美を。

過去にもこんな記事を書いています。

仕事と家庭の両立をしているママへ「できていますよ!」

今日も素敵な一日をお過ごし下さい♪

☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆

11月7日はイイオンナの日。

イイオンナを目指す女性のためのスペシャルなパーティを開催します。

【残席4】です。

詳細はコチラ↓↓

11月7日はイイオンナの日♪交流パーティのお知らせ

14018082_1216059588444586_2011875347_n

☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆

【モニター募集】
これまでMog!で開発してきた両立を応援するためのツールを改良するため、

実際に使って感想をお聞かせいただけるモニターの方を募集いたします。

詳細は⇒コチラ

%e3%83%a2%e3%83%8b%e3%82%bf%e3%83%bc%e5%8b%9f%e9%9b%86
☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆

現在進行形で両立に奮闘する働くママのリアルなヒントを集めた「両立のヒント集」はコチラ↓↓

%e3%83%92%e3%83%b3%e3%83%88%e9%9b%86%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8

☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆

《Facebookページ》

https://www.facebook.com/mamaganbatte

《Facebookグループ》
https://www.facebook.com/groups/mama.oshigoto.ganba/

《Youtubeチャンネル》

https://www.youtube.com/channel/UCRPr98o1y9m-FHWIZuPQf5g


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする