自分の弱い部分をさらけ出す勇気


こんにちは!仕事と育児の両立とキャリアの充実を目指す札幌の働くママMog!真紀子です!

 

7/9(日)品川にて、女性のための講演会「かなえ」に登壇いたしました。
初めてのチャレンジは、得るものも大きく、登壇前と後では見える世界が違います。
今日はレポートと、最後に登壇時のプレゼン資料を掲載しましたのでこちらもどうぞご覧ください。

 

 

女性のための講演会「かなえ」とは

 

「かなえ」は、私のコーチであり、イイオンナ推進プロジェクトの網野麻理さんが主催される講演会で、私は今回6人のスピーカーのうちの一人として、登壇をさせていただきました。

「かなえ」のページはコチラ↓↓

女性のための講演会『かなえ』

 

「かなえ」への想いを綴った記事はこちら↓↓

7/9(日)女性のための講演会「かなえ」に登壇~自分を好きになれるまでの30年~

 

 

「かなえ」で語るのは自分が乗り越えてきた過去

 

登壇者に共通しているのは、「フタをして目をそらしていたい過去」があり、自分ととことん向き合うことでそれを乗り越えて今を生きている、ということ。

境遇はそれぞれまったく違い、乗り越えてきたプロセスも違いますが、生々しい当時の状況や感情を語ることで、同じように悩んでいらっしゃる方へ何か1つでもギフトをお届けできればと、直前まで原稿を直し当日に臨みました。

私は、人前で、自分の弱いところや暗い過去を話すのは、初めてでした。
会社でも、Mog!の活動でも、無意識のうちに、カッコいい部分しか見せられない自分がいます。

そうじゃないと、必要とされないのではないか、せっかく集まってくれた人が離れていってしまうのではないかと、不安だからです。いえ、不安というより、恐怖です。

その恐怖の理由は、私の心の奥深くに棲んでいる過去の出来事、そのときの感情。そこを乗り越えつつあるからこそ、札幌の土地で再スタートできたのだと言うことを見せずにいることは、自分の本当に望む在り方なのだろうかと、思いました。

家にも、学校にも、塾にも、地域にも、会社にも、居場所が見つけられないから悩んでいる、どんなに努力してたくさんのものを手に入れても、自信が持てない、自信が持てないから踏み出せない、そんな方に寄り添う志事をしていきたい。

私が、私の弱さや過去をさらけ出すことは、これからの私の未来に必要な事だと思って、今回話すことにしました。

 

 

 

 

チャレンジによって得たこと

 

チャレンジには、勇気がいります。
でも、必ず得るものがあります。
今回は、ものすごく大きな自信を得ることができました。

資料にも掲載していますが、私の問題は、「どんなに努力して様々なキャリアを手に入れても、自己評価が上がらないこと」です。
なぜなら、過去の出来事と感情が、私の心にいまだに棲みついていていて、成功した幸せを心から味わったり、成長できた自分を認めることができないし、何かをしようとすると常に周囲の目が気になって、人が集まることへの期待よりも嫌われ離れてしまう恐怖を感じているからです。

私がこの問題を乗り越えるためには、過去があるからこそ今のそしてこれからの私があるのだと実感できること。
過去=資源を活用できたときに、過去の自分ごと存在を認めることができるのだと思い、今までの講演では話したことのない幼少期の闇について話しました。

その結果得たものは、私の過去を知った上で、共感した、感動した、私もがんばろうと思った、素晴らしい話だった、わかりやすい資料で想いが伝わってきた、というお言葉と、新たなご縁、そして強い絆でした。

「小さい頃のわたし、あなたたちたくさんの方の役に立てたよ。よかったね。ありがとう」

まさに、過去が宝物に変わる瞬間をその場で体験できました。
30点だった自己評価は31点に上がりました。
自分をぎゅっと抱きしめてあげたい。そんな気分でした。

 

 

 

 

 

 

登壇資料はコチラ(画像クリックでPDFが開きます)↓↓

 

 

たくさんの学びと勇気と自信を得る機会を与えて下さった、主催者の網野麻理さん、登壇者のみなさま、スタッフのみなさま、お越しいただいたみなさま、「行けないけど応援しているよ!」とメッセージをくださったみなさま、ありがとうございます。

 

またしばらくは8月と9月の資格取得試験にむけ集中しますが、試験が終わったらまたイベントやセミナー企画をしていきますので、よろしくお願いいたします。

 

今日も素敵な一日をお過ごし下さい♪

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。