働くママは「抱っこして」にありがとうと言いました!


【残席2組】「働くママのためのタッチケア講座」6/14(土)お申込み受付中

こんにちは!Mog!真紀子です。

今日は子供の気持ちについて。

就寝前に読む絵本は娘が自分で読みたい本を3冊持ってくるのですが、久しぶりにこれが来ました。

ちょっとだけ (こどものとも絵本)

この「ちょっとだけ」を選んでくるときは、「抱っこしてほしい」のサイン。

そういえば、最近よく「抱っこして」とリクエストされます。
リクエストの仕方も巧妙で、私が忙しそうにキッチンに立っているときに、


「ねぇお母さん、1回だけでいいから抱っこして」


まるで抱っこしてあげていないかのような言い回し。
してますよ、毎日、何回も!
足りない、もしくはとにかく「今」してほしいのでしょう。


ですが手がべとべとですぐに抱っこできない時もあります。
そんなときもあえてリクエストしてくれます。
私が何を優先するか見ているんでしょう。


「お母さんが抱っこしてくれないと、私悲しくなっちゃう」


ちょっと芝居がかっている口調なのが笑えるのですが、本心。
だからなるべくすぐに抱っこしてあげるようにしています。

娘の「抱っこして」が多くなるのは、不安を解消したい、という行動の現れなのだと思います。

言葉でのコミュニケーションができるようになってからというもの、出てくる言葉に依存してしまってましたので、注意深く娘の行動や表情を観察して、「抱っこして」とリクエストされる前に、その不安に気づいてあげたいと思いました。

そして、リクエストをしてくれることに感謝したい。

私がいっぱいいっぱいで気づけていないことを伝えてくれてありがとう。

DSC_2610


「ちょっとだけ」は二人姉弟の上のお子さんの気持ちを描写した作品です。
主人公のなっちゃんは、ママが赤ちゃんのお世話をしている姿を見て、自分でできることを自分でやろうとチャレンジします。

私は、「赤ちゃんかわいいでしょう?」とお友達のママに聞かれたときに、ちょっとだけうなずくなっちゃんのココロの揺れが、たまらなく切ないです。
二人目のお子さんがお生まれになったら、ぜひ、読んでほしいおすすめの絵本です。

【残席2組】「働くママのためのタッチケア講座」6/14(土)お申込み受付中

************************************************************

《Facebookページ》
https://www.facebook.com/mamaganbatte

「いいね!」で応援お願いします!
《ブログ》
http://mamaganbatte.com
仕事と育児の両立のこと、忙しいからこそ子供とのふれあいを大事にできるタッチケアのこと、絵本の読み聞かせのことなどを配信します♪
《Facebookグループ》
https://www.facebook.com/groups/mama.oshigoto.ganba/
サポーター募集中!Mog!を応援してくださる方、仕事と育児の両立をがんばるママ、そしてがんばるママを応援してくださる方のコミュニティです。ご参加をお待ちしております。
※【残席2組】タッチケア講座は優待価格3,000円→2,500円でのご案内をしています。

《山田真紀子》
http://facebook.com/makikoy2