最後の「言葉」になるとしたら?~ベンジャミン・ザンダーのTEDより~


こんにちは!Mog!真紀子です。

今日は子供にかける「言葉」について。
先日「言葉」について考えることがあり、ふと、以前見たベンジャミン・ザンダーのTEDのプレゼン「音楽と情熱」を思い出しました。

プレゼンはこちらから閲覧できます↓↓↓

http://digitalcast.jp/v/17822/

プレゼンの本題も最高に素晴らしいものでしたが、私の心に強く残ったのは、プレゼンの最後に彼が述べた思い。
アウシュビッツで生き残った女性から聞いた話。
8歳の弟と一緒にアウシュビッツに連れて行かれる途中、弟の靴がなくなっていることに気づいた彼女は、
「なんてバカなの、自分のこともちゃんと できないなんて!」と弟に言ったそうです。
それが、彼女が弟に言った最後の言葉になってしまった。
彼女はアウシュビッツから生きて戻ったとき


「それが最後の言葉になったとしたら耐えられないようなことを、もう絶対に言わない」


と誓いを立てました。
彼はプレゼンの最後に、「私たちはそれができるでしょうか?」と問いかけます。
私は、折に触れてこのプレゼンを思い出すようにしています。


娘に最後に言った言葉はなんだったか?

「○○しなさい!」「どうしてできないの!」
ひどい言葉。もしこれが最後の言葉だったらどうしよう。
なんて言ったか思い出せない時もある。これはもっとひどい。
そんな無造作に言葉を使っていることに気づき、大反省。
プレゼンを見てから、すごくすごく意識して、毎日何回も「大好きだよ」「あなたはお母さんの宝物だよ」と言葉にして伝えるようになりました。

4D0A9690


みなさんは、お子さんに、「大好き」って伝えていますか?

DSC_2484_1


今日、お子さんに最後に言った言葉はなんですか?

《Facebookページ》
https://www.facebook.com/mamaganbatte

「いいね!」で応援お願いします!
《ブログ》
http://mamaganbatte.com
仕事と育児の両立のこと、忙しいからこそ子供とのふれあいを大事にできるタッチケアのこと、絵本の読み聞かせのことなどを配信します♪
《Facebookグループ》
https://www.facebook.com/groups/mama.oshigoto.ganba/
サポーター募集中!Mog!を応援してくださる方、仕事と育児の両立をがんばるママ、そしてがんばるママを応援してくださる方のコミュニティです。ご参加をお待ちしております。
《山田真紀子》
http://facebook.com/makikoy2