「満足」のさらに上にある「感動」を考えるきっかけになりました。


こんにちは!Mog!真紀子です!

関東では子供たちが兼ねてから行きたがっていた東京ディズニーランド(以下TDL)に行きました。


今日は5歳の娘と2歳の息子を連れてTDLに行った時のことを書きますね。

我が家の2歳児はもうすぐ3歳ですが、「●●したい!」というスイッチが入った瞬間に


・手を振りほどいて走り出す
・したいことがかなうまで粘り強く諦めない


という性質でして、平常時は言語での会話は一応成立しますが、「●●したい!」スイッチが入った瞬間に母の声を聞く回路のスイッチは遮断されるのかまったく会話が成立しなくなります。


空港でも、機内でも、新幹線の中でも、もちろんTDLのパークの中でも、寝転がってジタバタ抵抗しましたので、結局力づくで「ハイ回収~」となってしまったわけなんです(苦笑)

また、↑の状況ですのでアトラクションの順番を待つことも当然できませんので、それじゃTDLに行って何を楽しむことができるのか!?と最初は不安でした。

TDLに行ってしたことは、ランチでミッキープレートを食べて、パレードを見て、ショッピングをして、ポップコーンを買っただけ。

大人にはなんとも物足りないコースです。

それでも本人は楽しめたようで、帰宅してからも「また行きたい」と何度も言ってくれます。

あの世界に入るだけで、なんだかテンションが上がるのかもしれませんね。

5歳の娘にはかわいそうかな、と思いましたが、彼女の目的はショッピングとプリンセスを見ることでしたので、それは叶って満足していました。

もう一つ、テンションが上がった理由がありました。

子供たちは二人とも3月生まれなので、バースデーシールを貼ってパーク内を歩いたら、行く先々でシールを見たキャストのみなさまに「お誕生日おめでとう!」と言ってもらえて手を振ってもらえたからです。

ランチのデザートにもキャンドルを立ててもらえて、子供たちは終始上機嫌でしたよ^^
(シールはキャストの方に言うともらえます)

「おめでとう、来てくれてありがとう、楽しんでね♪」

普段は知らない人に話しかけられたら緊張してかたまってしまう娘も、何度も声をかけてもらっているうちに頷いたり、小さな声ですが「ありがとう」が言えるようになりました。

息子も嬉しくて踊りだしたりしていました(陽気な人なんです)

キャストのみなさま、子供たちの心に素敵な思い出を残してくださってありがとうございました。

TDL=アトラクションを体験する、というのがTDLの楽しみ方と思っていましたけど、そうじゃない楽しみ方もたくさんある素敵な場所だな、と改めて感動しました。

子供が何を欲しているのか、子供の「満足」のさらに上にある「感動」って何なのか、考えるきっかけになりました。

またぜひ行きたいと思います^^

今日も素敵な一日をお過ごし下さい♪

DSC_0151

☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–

2016年3月26日(土)10:00~12:00

【残席3】働くママのためのタッチケア講座ベビー&キッズスキンケア<保湿編>

バナー

☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–

現在進行形で両立に奮闘する働くママのリアルなヒントを集めた「両立のヒント集」はコチラ↓↓

両立のヒント集Vol,1

図2

両立のヒント集Vol.2

図1

☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆

《Facebookページ》

https://www.facebook.com/mamaganbatte

「いいね!」で応援お願いします!
《ブログ》
http://mamaganbatte.com
仕事と育児の両立のこと、忙しいからこそ子供とのふれあいを大事にできるタッチケアのこと、絵本の読み聞かせのことなどを配信します♪
《Facebookグループ》
https://www.facebook.com/groups/mama.oshigoto.ganba/
サポーター募集中!Mog!を応援してくださる方、仕事と育児の両立をがんばるママ、そしてがんばるママを応援してくださる方のコミュニティです。ご参加をお待ちしております。

《Youtubeチャンネル》

https://www.youtube.com/channel/UCRPr98o1y9m-FHWIZuPQf5g

《山田真紀子》
http://facebook.com/makikoy2