「女性の能力」と評価について


こんにちは!Mog!真紀子です!


新年2日目、いかがお過ごしでしょうか。

私は夫の実家で、ゆっくりさせていただいています。

とはいえ、息子は手足口病、娘は発熱しており、来週からの保育園が少々不安…というところでして、今日の投稿がこの時間になってしまいました。


さて、今日は私が最近強く思う「女性の能力」について。
札幌市の企業の働く女性の代表として参画している「さっぽろ女性リーダーNet会議」で発言をさせていただいたことなんですが、
「女性ならではの能力が、成果に貢献したとして、それが正当に評価されているか?」
ということ。

さっぽろ女性リーダーNet事業「さっぽろ女性リーダーNet会議」についてはコチラ↓↓
http://www.danjyo.sl-plaza.jp/event/sasaki-2-2-4/sasaki-2-2-4-2/

例えば、フロントでお客様と交渉をする男性の労働の陰で、資料を用意したり、スケジュールを調整したり、お茶やお菓子を用意したり、相手のことをあらかじめ調べて、会話の中で細かい気配りをしたり、という労働がありますよね。

それらひっくるめてすべて組織の成果につながる「労働」だと思うのですが、女性のこのような労働って評価項目にありますか?
男性が優位に評価される評価制度に、女性を当てはめて評価していないでしょうか。
この女性ならではの能力を活かした労働、女性がしたら「当たり前」かよくて「さすが女性は気が利くね」と女性というジェンダーの評価にとどまる。
でも男性がしたら「あいつは細かいところまで気が回るできる男だ(から次の仕事も任せよう!)」と個人の評価になる。
この労働を男性がしなくても「当たり前」で低評価にはなりませんが、女性がしなかったら「女性のくせに…」と個人の低評価につながりますね。

男性、女性、それぞれの能力に応じて適材適所がある、という考えは同感、ですが、それぞれが正当に成果に対して評価されているのか?という点には、疑問を感じます。

男性がダブルワークとしてプチ起業してもチャレンジャーとして賞賛される。
でも女性が主婦業のダブルワークとして起業したら、プチ起業・ママ起業と非難される。

どうしてなんでしょう?

男性にも、私たち自身にも、思い込みがそこにあるとおもいませんか?

DSC_1243_2

☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–

《Facebookページ》
https://www.facebook.com/mamaganbatte

「いいね!」で応援お願いします!
《ブログ》
http://mamaganbatte.com
仕事と育児の両立のこと、忙しいからこそ子供とのふれあいを大事にできるタッチケアのこと、絵本の読み聞かせのことなどを配信します♪
《Facebookグループ》
https://www.facebook.com/groups/mama.oshigoto.ganba/
サポーター募集中!Mog!を応援してくださる方、仕事と育児の両立をがんばるママ、そしてがんばるママを応援してくださる方のコミュニティです。ご参加をお待ちしております。

《Youtubeチャンネル》

https://www.youtube.com/channel/UCRPr98o1y9m-FHWIZuPQf5g

《山田真紀子》
http://facebook.com/makikoy2