「残業できない」に合わせてもらえるような存在になれるか


こんにちは!Mog!真紀子です!


働くママのみなさま、働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト「日経DUAL」をチェックしていますか?
私はメルマガ登録をしていて、気になる記事をチェックしています。

両立のコツの紹介記事や、ロールモデルからの学び、子育てに関するお役立ち情報など、知りたいことが盛りだくさんのサイトです。

日経DUAL→http://dual.nikkei.co.jp/

日経DUAL


今日は、気になった記事をご紹介。

ノー残業への近道 「仕事の時間割」を作る
http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=3166

働くパパの記事で、仕事の時間割を作ることで効率化を図ること、早朝出勤して始業時間前に仕事をする「前業」をお勧めしています。

「残業」ならぬ、早朝出勤して始業時間前に仕事をする「前業」。

残業と前業のメリット・デメリットについて、以下、記事からの引用
================================
【残業のデメリット】
①残業にはタイムリミットがない
②ほとんどの場合、疲労困憊のまま仕事することになる
③「残業して終わらせればいい」という思考が定着する
================================
 【前業のメリット】
①始業時間というタイムリミットがある!
朝一番は頭も体もスッキリ。効率よく仕事ができる!
電話や雑務に邪魔されることが少ないので、集中して仕事できる
「残業しない」と決めることで、仕事の効率化を考える!
⑤早朝出勤することで、職場でやる気があるように見られる!
⑥早く帰宅することになり、家族の満足度がアップする!
⑦オフピーク通勤で通勤時間まで快適になる!
================================

我が夫も残業が日常な人なので、「前業」したら「残業」なくなるなら、夫にはぜひしてほしいなぁと思いました。


実際に、本人も18時過ぎは効率が悪いから仕事がはかどらない、と漏らしていますし、体調が常に悪い状態が続いているので、休日もぼーっとしていることが多いです。
子供を見ていてもらっても、リビングで寝ている(気絶している!?)ことも。


ただ、仕事は相手がいることなので、残業ありきな文化が定着している職場だと「残業しない」ことへのハードルはかなり高いようです。
それも、仕事が終わらないということ以外にも理由があるようで…。

・仕事へのやる気があまりない人と思われる
・仕事量が少ない人、暇な人と思われ、余計仕事を増やされる
・部下を見捨てる上司と思われる
・定時内は部下がオペレーション業務から離れられないため部下とのミーティングが定時後になる

などなど…


男性のほうが、女性よりもそこへのプレッシャーは大きいのでしょうね。


「え?子供のお迎え?奥さんいるでしょ?」
「男なら仕事選ぶべきだ」

という暗黙のプレッシャーが…。

いくつかのセミナーや研修に参加して、そこへの打開策は、

「こちらに合わせてもらえるような状態を作る」こと

と学びました。
さて、それをどうやってくか、、ですよね。

現在、私はそれを身をもって挑戦中です。
私は、今は「残業」も「前業」もできていない状態です。
朝4時起きなので「残業」でのパフォーマンスは自分でも期待できませんが、夫が保育園の送りをしてくれるので「前業」ならばできます。
が、残念ながら「前業」が許されるほど職場から期待されていません。

「山田さんがいる間に、●●しなきゃ」と思ってもらえる存在になる。
「山田さん朝ならいるから、ミーティングは朝にしよう」と言ってもらえる存在になる。

それができたら、夫にも、説得力を持ってアドバイスできると思いました。
(夫が倒れる前にそうならなくちゃーー)

DSC_0378_1

************************************************************

《Facebookページ》
https://www.facebook.com/mamaganbatte

「いいね!」で応援お願いします!
《ブログ》
http://mamaganbatte.com
仕事と育児の両立のこと、忙しいからこそ子供とのふれあいを大事にできるタッチケアのこと、絵本の読み聞かせのことなどを配信します♪
《Facebookグループ》
https://www.facebook.com/groups/mama.oshigoto.ganba/
サポーター募集中!Mog!を応援してくださる方、仕事と育児の両立をがんばるママ、そしてがんばるママを応援してくださる方のコミュニティです。ご参加をお待ちしております。

《山田真紀子》
http://facebook.com/makikoy2