「育児を」選んだときの「仕事」への気持ちの整理


こんにちは!Mog!真紀子です!

働くママは、「仕事」か「育児」かの選択を迫られるシーンがありますよね。
私も毎日あります。

今日はそんなシーンで「育児」を選んだとき、「仕事」に対しどう気持ちを整理しているかをお伝えしますね。

天秤


私は毎日仕事を退勤するときにその二択を迫られます。


切りのいいところまでやりたい、でもお迎えの時間があるからできない。
仕事を中途半端な状態で終わりにする、もしくは他の方に託さねばならないのは無責任だと感じますし、一人前の仕事ができない情けなさも感じます。
そんなとき、


「能力的にできないわけじゃない、時間がないからだ」


と自分以外のところに原因がある思うとそこで思考停止してしまうので、私はまず自分事としてとらえるようにしています。


「時間で終わらせられるようにさらに能力UPが必要だ」


自分の能力が高ければ、時間内に終わらせることができたかもしれない、と思うことで「じゃあどこをもっと短縮できたかな?」と振り返り気づきを得ることができます。

自分以外の組織や他の方の都合で定時後の時間に仕事ができてしまったとき、(例えばミーティングが定時後に設定されたときなど)も、いったんは自分にできることはなかったか、と考えます。


「○○さんのいる時間にミーティングを設定しよう!と思わせられるよう存在になれてないな」


いなくても進むからいない時間に設定されてしまうのです。
どうしても必要だったら、他の方が自分に合わせてくれるものです。
そうしてもらえていないなら、それだけの存在なんだと認識して、「どの立場ならそうならなかったか、何が足りないか」を洗い出していきます。

ミーティング4


それでも、トラブルが発生した場合など緊急的に定時後に仕事があるときもでてきます。
そういう時は、しょうがないですね。


「定時後も仕事が発生する職場を自分で選んだのだから、そこは今は割り切るしかないな。ツケにしといてもらおう」

いつかそのツケを倍にして返そう、という気持ちで「ありがとうございます!お先に失礼します!」と職場を後にします。

みなさんは、「仕事」と「育児」の二択を迫られ、「育児」を選んだとき、「仕事」への気持ちをどう整理して自分を納得させていますか?

DSC_0095_1

************************************************************

《Facebookページ》
https://www.facebook.com/mamaganbatte

「いいね!」で応援お願いします!
《ブログ》
http://mamaganbatte.com
仕事と育児の両立のこと、忙しいからこそ子供とのふれあいを大事にできるタッチケアのこと、絵本の読み聞かせのことなどを配信します♪
《Facebookグループ》
https://www.facebook.com/groups/mama.oshigoto.ganba/
サポーター募集中!Mog!を応援してくださる方、仕事と育児の両立をがんばるママ、そしてがんばるママを応援してくださる方のコミュニティです。ご参加をお待ちしております。
タッチケア講座はグループ優待価格3,000円→2,500円でのご案内をしています。

《山田真紀子》
http://facebook.com/makikoy2