“いのち”は時間。“いのち”とは、私に与えられた時間。


こんにちは!Mog!真紀子です!


札幌はすっきりしないお天気ですね。
お盆を過ぎると秋、と聞きますが「短い夏は終わった」感を感じる朝になりましたね。

今日は私が改めて時間の使い方を考えようと思った記事のご紹介です。

「田中淳子の“言葉のチカラ”」
“いのち”の使い方
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1412/08/news011.html

“いのち”は時間。

私の“いのち”とは、私に与えられた時間。

ぼんやりネットサーフィンしていても「いのち」は消費されるし、厳しくてもやりがいのある仕事に「いのち」を注ぎ込むこともできる。誰かと会うことも「いのち」を使うことだし、相手の「いのち」を頂くことでもある。

両立する上で、「時間の使い方」は切っても切り離せない話題ですよね。


自分に与えられた時間を、消費に使うか、投資に使うか、浪費で終わるか、それは自分次第。

それは有限のもの。無限ではない。


有限のいのちを、誰のために、何のために使おう。

投資が最高、せめて消費、浪費はダメとか、そういうことじゃなくて、自分で自分の時間を自覚できていたほうがいい、ということ。

「ああ、いま未来の私のために投資してるな」

「今はしんどいから浪費でリセット中」

「今日は思い切り消費でリフレッシュするぞー」

みたいな感じ?


自分のいのちを、大切に。
相手のいのちも、大切に。


今日も素敵な一日をお過ごしください♪

DSC_0539_1