時間に制約がありながら、周りのみなさまとの関係も保ちつつ、成果も出すには


こんにちは!Mog!真紀子です!

Facebookグループのみなさまに先行案内を開始いたしました、
3月21日(土・祝)の復職ママ応援イベントですが、定員10名のところ、大変ありがたいことに本日時点で9名のお申込みをいただきました。
お申込みをいただきましたみなさま、ありがとうございます。

一般募集前に満席となりそうなので、現在定員の枠を広げられるか検討中です。


イベントの詳細はコチラの記事をご確認ください↓↓
【グループ先行案内中】3月21日(土・祝)復職ママ応援イベント

さて、今日は短い時間の中で生産性をあげるために私がしている具体的な行動について少しご紹介しますね。

私は、現在4つの領域の仕事をしています。
タスクはそれぞれの領域を自分でバランスをとって、最終的に納期までに仕上げればよい、というのが今の上司のマネジメントスタイルです。

仕事はPCでの作業が主で、それ以外に会議、面談、などがあります。

○段取り
・A4の用紙を横にして、十字の線を書いて、4つの領域のtodoリストをつくり、全体を眺めて優先順位を決めていき、終わったものは消していきます

○PCでの作業
できるだけ、集中して取り組める工夫をしています。

・メールは、回答がわかっているときはすぐに返す、検討や確認が必要なときはtodoリストに「○○返信」と記入

・メール通知機能(新着メールが来ると右下にほわーーーんと出てくるやつ)はOFF、1時間に1回程度、作業の切りのよいところで自分で受信メールを見に行く

・IPメッセンジャーに、あまり反応しない

メール以外に、「ちょっと確認したい」「ちょっと伝えたい」ことをIPメッセンジャーを使ってやりとりするのですが、それもできるだけ反応しないようにしています。

「いつでもすぐに反応を返してくれる人」と思われると、ものすごい量のメッセージが来て、集中できなくなります。

相手は「今」回答が欲しいのではないか?
情報がもらえなくなって仕事に支障はないのか?

そんな心配もありますよね。
私も最初はそう思っていました。

今、定時にどーしても帰らなくてはいけない状況で、この短い時間の中で、自分に与えられた仕事を完遂することを最優先にしたら、自分のタスク以外のことに反応しちゃいられない、という感じです。
たぶん、これによって失っているものもたくさんあるのかもしれません。

ただ、結果として、それほど困っていないです。
自分も相手の時間に配慮して早めに質問を投げることができるようになりましたし、周囲の方には「山田さんは、時間内に仕事を片付けないといけない人だから、本当に聞きたいことだけ直接聞きに行こう!」と思っていただいています。

そのような感じで配慮をいただいているので、わざわざ私のところへ足を運んで何かを聞きに来てくださる方には、期待以上のものを提供しようと、心がけています。

いかがでしょうか。
時間に制約がありながら、周りのみなさまとの関係も保ちつつ、成果も出す、工夫。
参考になれば幸いです。

私はこんな工夫しています!
というご意見がありましたらぜひ教えてください!

オフィスワーク2

☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–

《Facebookページ》
https://www.facebook.com/mamaganbatte

「いいね!」で応援お願いします!
《ブログ》
http://mamaganbatte.com
仕事と育児の両立のこと、忙しいからこそ子供とのふれあいを大事にできるタッチケアのこと、絵本の読み聞かせのことなどを配信します♪
《Facebookグループ》
https://www.facebook.com/groups/mama.oshigoto.ganba/
サポーター募集中!Mog!を応援してくださる方、仕事と育児の両立をがんばるママ、そしてがんばるママを応援してくださる方のコミュニティです。ご参加をお待ちしております。

《Youtubeチャンネル》

https://www.youtube.com/channel/UCRPr98o1y9m-FHWIZuPQf5g

《山田真紀子》
http://facebook.com/makikoy2