自分の価値を、自ら低く見積もっていませんか?


6/27(土)自己理解グループセッション残席3組さま
6/21(日)ファーストトークレッスン残席4組さま

こんにちは!Mog!真紀子です!

昨日は週休をいただきましたので、久しぶりに平日休みを堪能しました。

今まで何度も足を運んでくださったらしいNHKさんが、マンションにBSの共同アンテナが設置されていることを教えてくださって、線さえ差し直せば見たかったあの番組もあの番組も見れたということがわかってショックを受けたり…など、平日ならではの体験ができました。


せっかくの平日休みなので、昨日は普段土日に子連れだとお会いする機会がない個人事業主の方とお会いしました。

やはり、サラリーマンと価値観が全然ちがう、と思いました。

・収入を得るという考え方
そもそも労働の対価、という考え方ではない。
自分自身や自分の扱うサービスの「価値」への対価である。
だから「就業時間」に縛られることなく、価値を高めることに集中している。

・入ってきたお金をどう使うか、という考え方
食べていくため、は同じ。
だけど、お金は貯めるものではなく使うもの。
大切な人をハッピーにできる自分になるために、自分への投資で使う。
もっと多くの方にこのサービスを届けるための投資に使う。

使うからこそ入ってくる、という考え方。

・自分や自分の扱うサービスに対する熱意
当然ですが、自分が扱うサービスを信じる気持ちはものすごく強い。
さらに、そのサービスを扱っている自分の価値を信じる気持ちが揺るがない。


被雇用者として働いている時は、組織のルールや上下関係や慣習など、多くの「縛り」の中で仕事をしているんだな、と感じました。
それが「守り」だったりもするので良い/悪いではないのです。

その「縛り」を受け入れてでも「守り」を得たいからそういう働き方をしている、というだけのこと。

彼女たちは「守り」を自分の手で作ったり見つけたりしないといけない。けれど、「縛り」のない環境で、自らの強みを最大限に発揮して、大切な人を幸せにしたり、社会をもっと良くしたいって考えている。

「守り」も、私たちが想像する、従業員を守る仕組みがあるから安心・安定とか、最低限の生活は保障されているし、とかそういうものではなく、
「いつどんな天変地異が起こってもこの価値があれば生き残れる」くらいの覚悟で作っている。

事業主の方とお話をしているとこういった外から見た視点に気づくことができるので、勉強になるな、と思いました。


「自分の収入(価値)を決めているのは、自分自身でしかない」


事業主の方がおっしゃった一言が、心にささりました。

今の収入を決めているのは、自分。

多様な働き方がある中で、この道しかないのだと思い、自分でその会社・就労形態を選んで決めたのだから。

自分の価値を、自分で低く見積もっていないか?

そういう生き方を、子供に見せたいのか?

そんな問いを投げかけていただいたように思いました。

深い。。

確かに、今の仕事を選びここまで来た過程で、私にはお金や自分の価値に対する強いメンタルブロックがあって、この選択肢しかないのだからそれを受け入れるべきだと思ってきていました。

子供を持ち、こうして色々な価値観の方と出会う中で、もう一度、客観的に自分の生き方をとらえて、よくよく考えたいと思いました。


今日も素敵な一日をお過ごしください♪

DSC_2676_1

****************

現在進行形で両立に奮闘する働くママのリアルなヒントを集めた「両立のヒント集」はコチラ↓↓

両立のヒント集Vol,1ができました

両立のヒント集編集中3

****************

☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–☆—-☆—–☆—–☆—–☆—–

《Facebookページ》

https://www.facebook.com/mamaganbatte

「いいね!」で応援お願いします!
《ブログ》
http://mamaganbatte.com
仕事と育児の両立のこと、忙しいからこそ子供とのふれあいを大事にできるタッチケアのこと、絵本の読み聞かせのことなどを配信します♪
《Facebookグループ》
https://www.facebook.com/groups/mama.oshigoto.ganba/
サポーター募集中!Mog!を応援してくださる方、仕事と育児の両立をがんばるママ、そしてがんばるママを応援してくださる方のコミュニティです。ご参加をお待ちしております。

《Youtubeチャンネル》

https://www.youtube.com/channel/UCRPr98o1y9m-FHWIZuPQf5g

《山田真紀子》
http://facebook.com/makikoy2