復職前特集 上司との「面談」で準備を その2


こんにちは!Mog!真紀子です。

ちょうど先日会社で開催されたセミナーに参加する機会をいただけて、1年ぶりに職場に行きました。

完全に、ウラシマでした。

入館のルールを忘れていました。

職場の方の名前と部署をなかなか思い出せませんでした。

「お疲れ様です」の挨拶が、なんだかぎこちなくなっていました。

上司のことを、「先生」と呼びそうになっていました。(育児休業中はセラピスト仲間との交流が多く、先生と呼び合っていたため)

「こりゃいかん!スイッチを切り替えなくちゃ!」と身をもって体験した次第です。

復職を控えているママ、復職前にママモードからおシゴトモードにスイッチを切り替えましょう!
できる準備をしておくことで、浦島太郎状態にならずスムーズにおシゴトに戻りましょう!

スイッチ

前回に引き続き、今日は復職前の上司との面談について。
参考までに私が今回の面談で確認することを1つご紹介します。
「組織のミッションと自分の担当する仕事」


当たり前といえば当たり前なんですが、組織の目指していることと自分の行動がマッチし、
そこで成果を出せてはじめて「いい評価」をしてもらえます。
復職後は、限られた時間の中で仕事を効率よくこなしていくために色々工夫し集中力を高めて、と、頑張るわけですが、

会社は「頑張っている」ことではなく「貢献できている」ことに対して対価(給与)を支払うのですよね。

別の言い方をすると、貢献できてさえいれば、頑張らなくても対価をいただけるのです。
この大前提を忘れてしまうと、それこそ時間の浪費になりかねません。

これは、以前実際に私がやらかしてしまった痛い経験から得た教訓です。
とにかく「責任持って自分が全部やらなきゃ」とがんばってしまい、専門外のことを1から勉強して時間をかけて仕上げました。
しかし組織のミッションは、業務の効率化によるコスト削減。いくら頑張っていても、時間がかかっていたら=コストがかかっていたら評価はされません。
さらに専門外のことなので、浅知恵で間違いや抜けモレも。。。
その頃はまだ独身でしたので残業や休日出勤してリカバリしていましたが、今はもう間違いに気づいてやり直している余裕がありません。

残業したい!と思っても、保育園のお迎え時間はやってきます。お腹をすかせたわが子にご飯を食べさせなくてはなりません。

休日は平日触れ合えない分、たくさん子供と遊んであげたいですよね。

できるだけ手戻りのロスを発生させないよう、組織の向っている方向や達成したいことと、自分が担当する仕事での成果がどう繋がっているのかは、常に確認しています。

今回も、復職前の面談で予め確認できることはして、スムーズな職場復帰を目指したいと思います♪

そして自分の担当する仕事で成果を出せている状態、無駄にがんばるのではなく、貢献するためにがんばる、
をイメージしてテンションをあげていこうと思います!

ミーティング

《Facebookページ》

https://www.facebook.com/mamaganbatte
《ブログ》
http://mamaganbatte.com
仕事と育児の両立のこと、忙しいからこそ子供とのふれあいを大事にできる
タッチケアのこと、絵本の読み聞かせのことなどを配信します♪
《Facebookグループ》
https://www.facebook.com/groups/mama.oshigoto.ganba/
Mog!を応援してくださる方、仕事と育児の両立をがんばるママ、
そしてがんばるママを応援してくださる方のコミュニティです。ご参加をお待ちしております。
《山田真紀子》
http://facebook.com/makikoy2


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする