■おシゴトがんばって!一覧

【働き方改革】定時後の会議に複雑な心境―”残業できない”はママのキャリアアップの足かせになるのか

残業できない、は、ママのキャリアアップの足枷になってしまうのか。世間では働き方改革の大号令で、時間外労働時間の削減や業務の効率化が進みつつあります。 一方で絶対的な業務量が減らない、慢性的な人員不足、ツールの導入などが遅れているなどの理由で、時間外労働をせざるを得ない現場では「長時間働く人が(責任感も強くやる気もあって)評価される」という企業風土が根強く残っています。

記事を読む

2018年振り返りとごあいさつ

日々はバタバタとしながらも、子育ても全力で楽しみ、エキサイティングな仕事にもチャレンジでき、たくさんの素敵なみなさまとの出会いに感謝した一年でした。 何者として生き、何を成したいのかがより明確になり、目の前の出来事に心が乱れることもなく、自分が信じる自分の在り方を貫く強さを感じた年でもありました。

記事を読む

【コラム掲載】「H-Style」キャリアコンサルタントがアドバイス!両立のヒントまとめ

暮らしとお金のライフマガジン「H-Style」に、キャリアコンサルタントという目線で、仕事と家庭の両立とキャリアについてコラムを掲載していただきました。

記事を読む

自分らしいキャリアとは?好きならやめなくてよかった「芸術家」今からでも??

アセスメントの結果から、私は「芸術家」の先天的な気質があり、やめるとかやめないとかではなく、そうなんだ、と知り、色々なことが府に落ちたのです。 表現活動に没頭したのは、惨めな自分を変えるためではなく、ただただ好きだったからでした。表現活動をしていた過去は恥じることではないし、やめる必要もないとわかりました。

記事を読む

【講演会レポ】横浜市長林文子氏「71歳で初めて」のお話

札幌市男女共同参画センター主催の講演会、“女性が活躍しやすい街”の実現に向けて、いまここからできること~合言葉はHi-fiveに参加しましたので、心に残ったことをレポートします。林市長が学校を卒業して初めてお勤めになった会社でのお話から、市長になるまでのキャリアストーリー、その中で感じたこと、大切にしてきたことをお聴きしました。

記事を読む

【小1の壁?】働くママ、小学1年生の宿題チェックでやったあれこれ

小学校には保育園にはなかった「宿題」があります。働くママは宿題のチェックをする、という新しタスクが増えます。 小学1年生だと国語と算数のプリント学習、音読の宿題の場合が多いようです。家や学童でやったものを帰宅後に保護者がチェックして誤っているところがあれば直させ、サインを記入します。

記事を読む

最近の活動についてご報告―女性のキャリア支援をしていきたい―

どんなスタイルで働きたいのか、仕事を決める上での優先順位は何か、この仕事をすることで得たいものはなにか、これまでのご経験をどのように次の仕事で活かしたいか、大切にしている価値観は何か、強みや弱み、成功体験や失敗体験などをお聴きします。

記事を読む

2017/12/9小1の壁お悩みシェア会レポート

小1の壁のお悩みシェア会は、冒頭から大小さまざまなお悩みがたくさん出てきました。1人で帰宅できるようになるのはいつから?宿題ってどのくらいの量がどんな頻度で出るの?宿題のチェックってしないとだめ?夏休みって本当に毎日お弁当?PTAって絶対参加?…などなど。できるだけリアルな情報をお伝えすることを意識してお応えしました。

記事を読む

2017年12月9日小1の壁お悩みシェア会

子供の小学校入学を期に、様々な理由で仕事と育児の両立が難しくなる社会問題、小一の壁。私は備えもそこそこに突入してしまったことで、初めての夏休みで完全にお手上げ、例にもれず働く意欲が減退してしまいました。 保育園⇒小学校ではママの負担感が違います。何がどう違うの?知らないと漠然とした不安が募るばかり。事前に情報をキャッチしシミュレーションして備えましょう^^

記事を読む

なぜ仕事と育児に加えて、コミュニティ活動やプロジェクト活動をするのか?

私が仕事と育児に加えて、コミュニティ活動やプロジェクト活動をするのは、「女性のキャリア開発」や「仕事と家庭の両立支援」の仕事がしたいと思っても、その仕事が会社の中でできないからです。第二子の育児休業中に、会社の外で、自分がやりたいと思う活動をしてみようと思い動き始めました。ここ数年で注目されてきた副業や複業にあたる活動となるのかもしれません。

記事を読む